セピオジャパンホールゼロ

ホールゼロを知る

ホールゼロの原理を知る

プラスチック樹脂やメッキの表面がくすむ要因の一つは、素材の劣化で光の乱反射によるものです。ホールゼロは劣化した表面の微細孔に深く浸透し、平らな層を形成します。平らな表層では光の乱反射は起こりませんので、塗布面では素材本来の色を取り戻します。

またホールゼロには揮発性の液体が含まれないので、ピンホール現象が起こりません。ピンホールは、素材の劣化の要因となる水分やガスの進入口となりますので、封孔することで素材の耐久性も向上します。

ホールゼロ塗布のイメージ図

ホールゼロ塗布のイメージ図

下写真のガラス破片のようなものは、ホールゼロが硬化したものです。光を当てるとガラスのようにきらきらと反射します。これと同じ皮膜を形成し、長期間にわたり様々な素材を光沢復元・保護します。

※硬化したホールゼロと撥水するブロック

硬化したホールゼロ 撥水性をもつホールゼロ

ホールゼロの耐久性を知る

ホールゼロは無機系ポリマーのために紫外線に強く、硬化後ポリマーの分解温度も高いために耐熱性があります。また、撥水性もありますので、サビ予防剤としても優れた効果を発揮します。

①ホールゼロを塗布した樹脂パーツの6か月経過後

※試験車は大型スクーターです。日常通勤使用で保管状況は屋根無しの青空駐車です。6か月後も撥水効果を持続し、境界線が明確に区別できます。

塗布直後
ホールゼロを塗布した直後の画像
6か月経過後
ホールゼロ塗布6か月後の画像

②メッキモール耐食試験結果(Cass試験5日間)

試験体は、BMWドア部のメッキモールです。ホールゼロ無処理の試験体では、表面全体に錆が発生しているのに対して、ホールゼロ処理の試験体では、強い防錆効果を確認することができます。

何も塗っていない
無処理で試験をしたメッキパーツの画像
ホールゼロを塗布
ホールゼロ塗布して試験をしたメッキパーツの画像

※Cass試験とは、溶融亜鉛メッキのJISによる耐食性試験です。この試験での腐食速度は、海岸部での曝露に比べて、約500倍の促進倍率があります。従って、Cass5日間というのは、約6.8年間の屋外曝露に相当します。

| TOPページ | セピオジャパン会社案内 | 個人情報の取扱いについて |